商品検索
一食一汁一糀

ヤマトのおはなし

ヤマトが目指すのは「発酵食美人®メーカー」
糀のチカラでしあわせ届けたい。
活きた酵素を摂り入れる
「一汁一菜に一糀」のライフスタイルを広めていきます。

一汁一菜に一糀

活きた酵素を摂り入れる「一汁一菜に一糀」のライフスタイル

「一汁一菜」とは、白米や玄米を主食に、実沢山のお味噌汁と、
季節の食材を使ったお菜を一品とお漬物という伝統的な和食のことです。
お菜を、味噌や塩糀や甘酒等の糀を使った発酵調味料で味付けすることで、活きた「酵素」を摂り入れることが出来ます。

日本人が何百年も続けてきたこの食事スタイルは、シンプルで、質素に思えるかもしれません。
しかし、日本人が世界一の健康長寿でいられたのは間違い無く、この伝統食(瑞穂の国の食文化)が根底にあったからと言えるでしょう。炭水化物、たんぱく質、脂質のバランスが良く、ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富、さらに、発酵した食品や調味料のおかげで、
活きた酵素や乳酸菌等の菌体をたくさん摂ることができます。

みなさんは、毎日どんな食事をしていますか?
ライフスタイルが欧米化し、朝はパンにマーガリンやジャムと牛乳、昼も夜もお肉がメインのご馳走ばっかりではないですか?
和食が世界から注目される今、お膝元の日本では、相変わらず洋食が主流ではありませんか、何となく心もとない気分になります。
では、いったい何を食べたら良いのでしょうか?
毎日の食事が大事だとは思うけれど、実際、忙しい日々の暮らしの中で、何をどう選択したら良いのでしょうか?

私たち「ヤマト醤油味噌」は、瑞穂の国の先達の知恵を しっかりと受け継ぎながら、 味噌や醤油はもちろん、玄米甘酒や
糀ドレッシング等、 発酵食品を
中心に、現代人の暮らしに合う
食べ方の ご提案をしています。

食事は健康な暮らしの原点です。
発酵食品を活用して、ちょう健康&ちょう美人を目指しましょう!
活きた酵素を摂り入れる「一汁一菜に一糀」の
ライフスタイルを応援します!

代表写真
一汁一菜に一糀

「金沢 大野」から、糀のチカラでしあわせ届けたい

発酵食文化の聖地「金沢 大野」
糀文化は金沢の風土そのものです。

ヤマト醤油味噌のあるここ金沢市大野町では、江戸時代に加賀藩が産業としての「醤油醸造」を積極的に勧めたため、“特産品”として地元はもとより、北海道や江戸の加賀藩邸にまで運ばれ評判を取ったと記録があります。 歴史的に「大野醤油」は、日本の醤油の五大生産地の一つと言われています。 日本三名山、白山山系の豊かな伏流水と、大豆や小麦、能登の塩などを使って醤油醸造の一大生産地として隆盛しました。

一汁一菜に一糀

また金沢は加賀百万石の城下町であり、武家文化の伝統が絢爛豪華な加賀料理を育み、その味覚を支え続けた大野の醤油もともに発展を続けてきました。現在もなお、金沢の風土が育んだFOODとして、世界の食卓を魅了しています。

毎朝のお味噌汁、お醤油、お酢や味醂、かぶら寿し、大根寿し。能登にはいしる(魚醤)や、糀漬けの塩辛類、そして甘酒!
糀の伝統の聖地、「金沢 大野」の企業だからこそ、健康や美しさを得るための上質な食生活提案が出来るのです。

一汁一菜に一糀

商品を検索ITEM SEARCH

発酵食美人調味料SEASONING

SHOP MANAGER

owner-img

店長:山本晴一
地元の酒造会社で修業を積んだのちに家業の「株式会社ヤマト醤油味噌」に入社。 修業時代の吟醸酒づくりにヒントを得た生の醤油「ひしほ醤油」を日本で初めて完成させた。 以来、フランスの三ツ星レストランをはじめ欧米の百貨店からも引き合いを受ける。 その後現在にいたるまで“あたらしい伝統食”を数々生み出している。

営業カレンダーCALENDAR

オンラインショップ
配送休み:土、日、祝日
Calendar Loading
Calendar Loading
page_top-up